スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山で和解4例目 障害者自立支援法違憲訴訟(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意した障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、脳性まひの障害を持つ和歌山市の大谷真之さん(35)が国と市に負担の免除などを求めた訴訟が9日、和歌山地裁(高橋善久裁判長)で和解した。支援法をめぐる和解成立は、さいたま、奈良、旭川地裁に次ぎ4例目。

 和解条項では、今年1月に長妻昭厚生労働相が調印した基本合意文書に、原告、被告双方が合意したことなどが確認された。弁護側は「違憲判決以上の重みがある勝利的和解」とした。

 原告の大谷さんは平成14年に障害者の自立を支援する団体を設立。代表として一定の収入があり税金を払っているため、既に和解した3地裁の原告と異なり4月以降も自身の負担額は変わらない。

 大谷さんは「歴史的和解でうれしい。負担は変わらなくても、自分だけの問題ではない。新制度実施に向け自ら提案するくらいの馬力を出したい」と語った。

【関連記事】
初の点字訴状、受け取りへ 全盲女性に名古屋地裁伝える
障害者自立支援 奈良地裁でも和解
障害者自立支援法訴訟で全国初の和解が成立  さいたま地裁
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
障害者訴訟、終結へ 国と原告合意 低所得者世帯は無料化
「中国内陸部の資源事情とは…?」

石原氏「民主党はみんな腰抜け」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
元バイト先にの居酒屋に強盗、70万円奪う 中国人2人を逮捕 警視庁(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」-家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
<新党>「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
スポンサーサイト
プロフィール

とみたかずこ

Author:とみたかずこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。